太陽光発電のメリット

 

太陽光発電には既存のエネルギー変換方法と比べても、メリットがたくさんあります。

 

五つに分けて見てみましょう。

無尽蔵且つ環境を汚染しないエネルギーとしての太陽光発電

 

太陽の寿命が約50億年と言われているように、エネルギー源自体がなくなってしまうと言うことを心配しなくてよいエネルギーであることが非常に魅力であります。

 

石炭や石油は実際にあと何年使用したらなくなると言うように、枯渇が目前に迫ったエネルギーでもあります。

 

しかし、太陽光は埋蔵量を測ったり、どこに石油が埋蔵されているか莫大な費用をかけて掘ったりする必要もありません。

 

どこの場所でも無限のエネルギー源を利用できるのが太陽光発電の長所です。

 

2010年の資源エネルギー庁の白書によりますと、石油はあと42年で、石炭は122年で、天然ガスは60年で、ウランは100年で現在のペースで使い続けると枯渇することが計算されています。

 

また、人類の歴史の中で炭坑を掘ることで健康を害し、また油田を掘ることで多くの利権争いが見られてきましたが、そのような健康上または倫理上の弊害は太陽光には無関係なものです。

 

人体を傷つけずに、また争いを生まずにエネルギーを利用することができます。

 

そして、エネルギーを電力に変換する時にも、環境破壊をしないクリーンなエネルギーであることが太陽光発電の長所であります。

 

石油を精製する際に出る余剰ガスを無害化するために焼却して出た炎

石炭や石油は多くの二酸化炭素を発生することで電力を生み出します。

 

また、ウランを原料とする原子力発電も、原子炉がいったん漏れてしまうと、周囲何kmにもわたって土地と生物を汚染してしまいます。

 

そのような環境汚染、二酸化炭素の過剰な排出、もしものときの地質汚染などにも無縁なのが太陽光発電です。

太陽光発電により光熱費が削減できる!

 

太陽光発電は、もちろん、太陽の当たっている昼間に発電をします。

 

蓄電池を併設することで発電量が電気使用量を上回ると、夜間などの発電しない時間帯にもその余剰電力を利用することができるのです。

 

また、蓄電池を併設しない場合も、余剰電力を電力会社に売却することで費用の回収ができ、結果的には光熱費を削減することが可能になるのです。

太陽光発電導入により節電意識が高まる!

 

太陽光発電システムを設置すると、現在の電気使用量や発電量などが分かるモニターを家の中につけるようになります。

 

このモニターを見ることで、無駄な電気が利用されている場所や、どのような時に消費電力が多くなるか、今月の発電量に比べてどの程度消費電力が多かったのかなどの情報が一目でわかるようになります。

 

このモニターを目に着く場所に設置することで、ほとんどの家庭で節電意識が高まったと報告されています。

 

無駄な電力を使用しないことと、太陽光パネルによって電力を生産することで、電気代で換算するとダブルの節電効果があると言うことができるのです。

太陽光発電の設置の簡便さ

 

太陽光発電システムは、騒音もなくもちろん環境を破壊する物質も排出しませんので、どこにでも設置が可能です。

 

パネルを並べて発電量を調整しますので、屋根の大きさに関わらず設置することができます。

 

また、耐用年数が20年以上、メンテナンスも簡単であることも太陽光発電が簡単に利用できる一因となっています。

 

設置の工事自体も3日以内に完了することがほとんどで、より便利に設置することを可能にしています。