太陽光発電はコストに見合う保証はあるのか

 

平均180万円から250万円と言われる太陽光発電の初期費用。

 

この多大なコストに見合うだけの保証があるのでしょうか。

 

また、その保証の適用範囲にはどこまでが含まれるのでしょうか。

機器類のメーカー保証

 

太陽光発電パネル、つまり太陽光電池モジュールやパワーコンディショナー、そして接続箱や屋根への取り付けに使用した架台などの装置、そして室内のモニター。

 

これらは国内メーカーではほとんどの場合が10年保証です。

 

つまり、10年以内であれば、故障などをしたときは電話一本で無償で部品を新しいものと交換・取付をしてくれるか、もしくは無償での修理を実施してくれるのです。

 

太陽光電池パネルは平均して20年以上の耐久性がありますが、パワーコンディショナーは15年程度の耐久しかありません。

 

ですから、太陽光発電システムを設置する上で必要な太陽光電池モジュールやパワーコンディショナーそして接続箱や架台や室内モニターの中でも、このパワーコンディショナーが最も壊れやすいのです。

 

ですが、太陽光電池モジュールや接続箱や架台そしてモニターはほとんどが10年以上を保証しているのに対し、この最も壊れやすいパワーコンディショナーだけが保証が1年から数年と言う短い期間であることが多いのです。

 

パワーコンディショナーは壊れやすいですが、これが壊れてしまうと発電量が著しく低下してしまいます。

 

天気が悪い日が続いたわけでもないのに発電量が急激に低下していることに気付いたら、すぐにパワーコンディショナーの製品のお客様相談室やカスタマーセンターに連絡しましょう。

 

最近の機種では、このパワーコンディショナーの状態も室内のモニターで表示されるものもあります。

 

何らかのメッセージがモニターに記されていたら、すぐにパワーコンディショナーのメーカーに問い合わせましょう。

 

また、大抵10年以上の保証期間がある太陽光電池モジュールは、屋外に設置するように作られているので丈夫に設計されていますが、強化ガラスで覆われているので破損することもあります。

 

また、太陽光電池モジュールの裏側は樹脂シートで保護されていることも多いので、壊れてしまったり焦げ付いてしまったりすることもありますが、普段から室内モニターを細かくチェックすることで早期に気付くことができます。

 

この保証には自然災害による破損なども含まれていることがあります。

 

メーカーによっては月額いくらかでオプションとして付ける場合もあります。

 

自然災害補償には火災、落雷、台風や暴風雨などによる破損が対象となりますので、オプション料金が発生しても災害に合いやすい地域の人は加入しておく方が心強いでしょう。

 

メーカー保証書は工務店の人から渡されることもありますが、太陽光発電装置の設置が終わった時点で設置状況を示す写真や書類を提出してから1カ月か2カ月後に送付されることもあります。

 

こまめに異常をチェックし、早めにメーカーに連絡するなら、コストに見合った保証を受けることが可能になります。

設置業者による保証

 

既存の屋根に設置する場合、雨漏りすることが、たまにですが起こりえます。

 

この場合や、機械そのものでなく設置工事時に生じた何らかの問題によって異常が生じることもあります。

 

このようなときは、メーカーによる保証ではなく、設置業者や工務店側の保証を受けます。

 

保証内容もしくは保証期間は、工務店や工事を請け負った業者によって異なりますが、大抵のところは1年から10年の保証をしています。

 

太陽光発電を設置して初めのころは、運転の方法やモニターの見方に購入者も慣れずに異常に気付かないこともありますので、契約する前に必ず、保証に関して確かめておきましょう。

 

正しく使うことができれば、20年以上も使用することができますので、保証内容とどこまでを無償もしくは有償で保証するのかについて詳しく聞いておきましょう。

 

このように保証を最大限に利用することが、結果的にコストダウンにつながります。

 

住宅メーカーなどを経由して設置した場合には、設置後何年間かは無料で定期点検を行っていることもあります。

 

太陽光発電システムを設置した家

屋根の上もしくは天井裏に装置の大部分があるシステムですので、普段住人は目にすることもありません。

 

専門業者が厳しくチェックしてくれるこのような定期点検のある、工務店や代理店を選ぶことも、よい選択と言えるでしょう。

どのように点検をしますか

 

定期点検を実施してくれる工務店や住宅メーカーは、どのようなところをチェックしているのでしょうか。

 

基本的には、外部つまり屋根の上にさらされている太陽光発電パネルの表面の汚れや破損、そして表面に腐食やさびがないか、そして外部に出ている配線で損傷している部分はないかを目で見てチェックします。

 

太陽光発電パネル部分以外も、接続箱の腐食やさび、接続箱をつなぐ配線の損傷、そして太陽光発電のかなめともいえるパワーコンディショナーの腐食やさび、外部の配線の損傷の確認と、作動しているときの音やにおいに異常はないかも確認します。

 

そしてパワーコンディショナー本体の換気口フィルターがホコリで詰まっていないか、またパワーコンディショナーのまわりに水気がないかなども確認します。

 

そして発電状況の履歴を見て、急激な発電量の減少などがみられていないかもチェックします。

 

このとき、購入者側も普段から室内モニターを使って発電量の動きを把握しているなら、状況をより正しく把握するのに役立ちます。

保証内容を見極めることでコストダウンを図る

 

メーカーによって保証期間が大幅に異なります。

 

10年保証であることが最も多いですが、20年、もしくは25年と言うメーカーもあります。

 

ですが、この保証もどの部分が含まれているのか細部を検討する必要があります。

 

太陽電池モジュールだけが保証されるのか、パワーコンディショナーも含まれるのか、接続箱や配線も保証に含まれるのかを見落とさないようにしましょう。

 

特に、パワーコンディショナーは太陽電池モジュールに比べると故障しやすく、また寿命も短いとされますので、パワーコンディショナーの保証期間はよく見るようにしましょう。

 

そして保証が長くても、保証内容が薄いものでは意味がありません。

 

どのような時に保証が受けられるのか、経過年数による劣化などをどのように見極めるのか、細かく調べる必要があります。

保証内容の違いの例

 

メーカーによって保証内容が違います。

 

国内で最も販売数が多いシャープ

 

無償での10年保証制度と、有料での15年保証を選べるようにしています。

 

正常に使用したにもかかわらず太陽電池モジュール、パワーコンディショナー、室内電力パネルに不具合が生じた場合は、それぞれ選択した保証制度の年数に従い修理に対応してくれます。

 

京セラ

 

基本的には10年保証で、発電システム全体を保証するので、機器やシステムによっては補償されないと言うことはありません。

 

台風や火事、落雷や洪水などの災害の場合も保証に含めます。

 

保証の申し込みは不要で、どの工務店を通して設置したものでも10年間は補償されます。

 

三菱電機

 

機器類つまり太陽電池モジュール、パワーコンディショナー、接続箱、架台などは10年間の保証がされます。

 

しかし、システムについては有償になる場合があります。

 

ソーラーフロンティア社

 

太陽電池モジュールの出力が10年間で10%以上低下した場合、もしくは20年間で20%以上低下した場合、モジュールの追加もしくは修理・交換を行います。

 

太陽発電モジュール以外の機器類は10年間の保証です。

 

中国のサンテックパワー社

 

太陽光発電業界最大の25年保証を行っています。

 

設置後12年以内に出力が10%以上低下した時、もしくは25年以内に出力が20%以上低下した時に保証が行われます。

 

太陽電池モジュール以外の機器は10年間の保証があります。

 

 

それ以外にもメーカー保証には例外的に、屋根からの漏水や自然災害に対する保証も10年間保証します。

 

住んでいる地域や、最も補償してほしい内容に合わせてメーカーを選択することで、結果的にはコストダウンにつながると言うことができます。