太陽光発電の売電の仕組み

 

太陽光発電システムの導入の大きな魅力の一つに、余剰電力の売却があります。

 

発電して作った電力が消費電力を上回った時、その余剰電力を電気会社が買い取ってくれるというシステムを『売電』と呼びます。

 

発電することだけでも経済的にかなりの節約になるのに、売却することで電気会社からお金をもらえるなら、電気代を払うどころか収入が入ってくるのです。

 

このような嬉しいシステムはどのような仕組みでお金が入ってくるのでしょうか。

太陽光発電による売電の始まり

 

この余剰電力の買い取り制度は平成21年の11月に始まりました。

 

この買い取り制度は太陽光発電システムを導入した人だけが受け取れる恩恵で、その他の自家発電で電力を製造している家庭には適用されません。

 

また、いつまでも余剰電力を買い取ってくれるわけではなく10年間のみ高価で買い取る仕組みになっています。

 

この買い取り制度が始まった平成21年度は1kw当たり48円で買い取りが実施されました。

 

平成23年度には1kw当たり42円と引き下げられましたが、この価格はシステムを導入し申請した時期の価格が10年間適用されますので、平成21年度に申請した人は10年間1kw当たり48円での買い取りが、平成23年度に申請した人は10年間1kw当たり42円での買い取りが実施されます。

 

太陽光発電モジュール

これから先の買い取り価格はまだ分かりませんが、引き下げられる方向に動いていくのは間違いありません。

太陽光発電による売電の明細

 

電気量の明細にも表示されますが、電気代引き落としの口座上では、電気代とは別に余剰電力売却代として振り込まれます。

 

電気代自体も自家発電した分は引かれた状態で請求されますので、太陽光発電システム設置前と比べて大抵の方が電気代が非常に安くなって感じます。

 

また、家を新築すると同時に太陽光発電システムを導入される方のほとんどがオール電化を選択しますので、ガス代などもなくなり、光熱費全体が非常に安価になることを実感します。

 

余剰電力買い取りの際にかかる経費は、太陽光発電システムを導入した家庭だけでなく、全ての電力会社を利用する世帯が『太陽光発電促進付加金』として使用する電気量の大きさに合わせて、電気代に上乗せされ請求されています。